お金を貯めるには、心理的な作用を利用することも必要です。

Moneyコラム

お金を貯めるには、気持ちが必要!

お金を貯めるためには、何と言っても「絶対貯めるぞ」という気持ちが重要。そして「自分なら絶対できる」という自信を持つことも必要です。

『お金を貯める』と聞いて、どんなイメージを持ちますか?

「節約生活で欲しいものも買えなくなる。」

「我慢、我慢を続けなければいけない。」

「人よりもわびしい生活を求められる。」

こんなイメージが湧いてきたりはしませんか?

どれも間違っているわけではないですが、貯金することに対してこんなイメージを持っているのだとしたら、その時点で上手に貯金ができるようになるとは思えません。

確かに貯金は、我慢や忍耐を必要とされます。

人は、お金を使わないことよりも、使うことの方が、楽しいやうれしいといったポジティブな反応を示すものです。そんなことは言われなくても当たり前。

じゃあ貯金が得意な人は、貯金に対してどんなイメージを持っているのか。

多くの貯金成功者は、「残高が増えていく通帳を見るのが楽しい」といったことを言います。

そうなのです。貯金成功者というのは、貯金することを苦しいものだとは思っていません。

むしろ、貯金することが楽しい。ゲームをしているような気持ちで貯金をしている。貯金に対してポジティブなイメージを持っているわけです。だからどんどん貯金が出来る。

お金というのは、モノではなく心の問題であることの方が多い。

心がけ次第で、お金への考え方、価値観というのは変化する。そしてその心に反応するように、貯金が出来たり、支出がコントロールできたり、収入を増やしたりすることが出来たりするものです。

貯金のコツ、人の心理的な作用を活用することを考えよう。

貯金のコツとしてよく使われている方法に、「収入が入ってきた時に、先に貯金分のお金を分けてしまって、そのまま貯金用口座に入金してしまう」という方法があります。

この方法は、実際にとても効果的だと感じています。

『収入から支出を引いて、残ったお金を貯金する。』これだと、「使わないように使わないように」と考えながらお金を使わないといけないので、どうしても我慢している感じがしてくるものです。

対して、最初から全部使ってもいいお金として分けてしまえば、「その範囲までなら使い切ってしまってもいい。」と割り切った意識でお金を使うことができます。

これなら、お金を使うことにマイナスな気持ちを持つことなく。お金を使うことに罪悪感がありません。

また、生活費口座とは別の口座に分けて入金しておくことで、自分の視界からはずしてしまうという効果もあります。

私たちは、視界に入ってこないお金は、使おうとは思わない傾向があるようです。例えば、生命保険の解約返戻金や投資信託の積立投資などは、解約するなどをして引き出すことも可能なわけですが、そのお金が、いつでも使えるお金であるという意識で見ている人は少なくないようです。

不思議な話ですが、自分の視界から外すことで、実際にはあるのに、あるという事を忘れるというのは、多く人が感じていることだと思います。

さらに、このような方法をつかって貯金が出来るようになってくると、貯金することが楽しくなってくることもあります。

残高が増えてくる。いうなれば、「やっていることの成果が見えてくる」と、そのことが途端に楽しく感じてくることがあります。

こうなると、もう方法云々ではなく、呼吸をするように貯金が出来るようになってくることがあります。

『お金持ちは、お金を引き寄せる』なんて言われたりもしますが、もしかすると、このような心理的作用が、お金を引き寄せる要因になっているのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました