PR

読書日記

スポンサーリンク
お金や家計に関する本

『193の心理研究でわかったお金に支配されない13の真実』 クラウディア・ハモンド(著)

「私たちは、知らないうちにお金に支配されている。」お金という存在が、私たちにどのような影響を与えているのか。私たちは、お金とどう付き合っていったらいいのか。お金の面白さと怖さが知れる本でした。
お金や家計に関する本

『お金の整理学』 外山 滋比古(著)

人生の指針として学ぶべきことが多い本でした。リスクをあえて取るという選択が、日本社会にはもっと必要なのかもしれない。ただ私たちは今までリスクの取り方を学んでこなかったため、リスクと上手く付き合えなくなってしまっている。私たちは、もっとそこに気づくべきなのだと思いました。
お金や家計に関する本

『教養としての「税法」入門』 木山泰嗣(著)

税金というと、なんか難しそうという気がしてしまうかもしれません。しかし、そもそもそうなってしまっていること自体が問題なのかもしれません。税金という法律のことをもっとよく知るために、本書は読みやすく、なおかつ面白く読める本だと思います。
投資と資産形成の本

『スマートベータの取扱説明書 仕組みを理解して使いこなす』 徳野明洋(著)

「インデックスファンドを選ぶことが正解」という話は本当なのか。インデックスファンドにも問題はある。そのことを実感させてくれる本でした。そしてさらに、インデックスを超えるためのスマートベータについて教えてくれます。
お金や家計に関する本

『証券会社がひた隠す米国債投資法』 杉山暢達(著)

米国債を中心としたライフプランの内容です。老後資金の準備や生活設計など、老後の生活に不安を感じている人向けの内容になっています。そしてその老後へ向けて、安心安全、そしてそこそこのリターンが狙える米国国債の活用について書かれた本です。
投資と資産形成の本

『世界屈指の資産運用会社インベスコが明かす世界株式「王道」投資術』 インベスコ・アセット・マネジメント株式会社 (著)

この本は、あくまでもインベスコという資産運用会社の紹介の本です。「資産運用会社ってどんなことをしているの?」とか、「今度インベスコの投資信託を買おうと思っているんだけど。」といった人向けの本でした。
経済や科学、その他の本

『やり抜く力 人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける』 アンジェラ・ダックワース(著)

「『やり抜く』ということが、一つの能力だった」とは、今まで考えているようで、考えていなかったのかもしれない。でも、この『やり抜く力』というのは、一つの才能や能力であって、しかも訓練によって伸ばすこともできる、ということをこの本は教えてくれています。
お金や家計に関する本

『PROFIT FIRST お金を増やす技術 借金が減り、キャッシュリッチな会社に変わる』 マイク・ミカロウィッツ(著)

利益を先に引き出して、残りのお金で事業の経費を支払う。経費が先ではなく、利益が先という考え方は、経営者にとって大切な視点だと思います。そして、この考え方と仕組みは、個人の家庭にも応用できる、お金の管理の仕方でした。
投資と資産形成の本

『市場サイクルを極める』 ハワード・マークス(著)

投資で成功したいなら、読んで損のない、投資家思考を高めるための良書です。具体的な投資手法などはほとんどありませんが、投資家としてどういう思考で市場サイクルと向き合ったらいいのか、自分の精神的な能力を引き上げてくれる、投資家必読の本だと思いました。
投資と資産形成の本

『最強の株の買い方「バーゲンハンティング」入門』 阿部 智沙子 (著)

普段は現金を貯めていて、相場の大底で一気に買う。バーゲンハンティングという投資法が学べる本です。他にも積立投資や分散投資といった、今では一般的にもなっている投資法のデメリットについて詳しく説明している少数派な内容の本でした。
スポンサーリンク