PR

株式投資

スポンサーリンク
投資と資産形成の本

『インデックス投資は勝者のゲーム 株式市場から利益を得る常識的方法 〈ウィザードブックシリーズ〉』 ジョン・C・ボーグル(著)

なぜインデックスファンドが投資の最適解だと言われるのか、その常識ともいえる答えの理由がよくわかります。そしてまた、その理由を理解してインデックスファンドに投資をしているか、そうではないのかも、大切なことだと思っています。本書はインデックスファンドを学ぶ最適解の一つだと思っています。
経済や科学、その他の本

『The Number Bias 数字を見たときにぜひ考えてほしいこと』 サンヌ・ブラウ(著)

「数字は正しい」とは限らないらしい。私たちの周りで扱われている多くの数字が、どうも歪んでいる。数字が歪んでいるということは、私たちが見ている世界も歪んでいるのかもしれない。そんな数字とその歪みについて教えてくれる本です。正しい認識を持つために、この本はおすすめだと思います。
投資と資産形成の本

『ディープバリュー投資入門 平均回帰が割安銘柄を上昇させる』 トビアス・E.カーライル(著)

『買収者のマルチプル』。企業の本当の値段価値と企業の本来の儲けである営業利益、これらに注目して企業を厳選し、企業成長性や事業内容よりも、格安であることを重視したバリュー投資。このアプローチは、市場平均を凌駕することができるという話の本です。バリュー投資を学ぶなら読んでみる価値はあると思います。
投資と資産形成の本

『3%シグナル投資法 ──だれでもできる「安値で買って高値で売る」バリューアベレージ法』 ジェイソン・ケリー (著)

あまり知られていないようですが、ドルコスト平均法より効果的だともいわれている、バリュー平均法について書かれた本です。多少の手間は増えるけど、ドルコスト平均法よりも効果的な投資法を学びたいと思っている人には参考になると思います。
お金や家計に関する本

『ラテ・ファクター 1日1杯のコーヒーで人生を変えるお金の魔法』 デヴィッド・バック, ジョン・デイビッド・マン (著)

コーヒー一杯から始まる、経済的自由への道。私たちが経済的に苦痛だと感じているものの正体は何なのか。そして、それを取り除くために、私たちはどうしたらいいのだろうか。コーヒー一杯から見えてくる、経済的に余裕を感じられるようになるための現実とは?
投資と資産形成の本

『 天才数学者、ラスベガスとウォール街を制す(下)偶然を支配した男のギャンブルと投資の戦略』 エドワード・O・ソープ(著)

天才数学者といわれるほどの学識を持った学者でありながら、株式市場でプレイヤーとして、自らの理論をもとに実践し、成功してきた、数少ない天才投資家の話です。もうそれだけで、興味を持たずにはいられません。
投資と資産形成の本

『天才数学者、ラスベガスとウォール街を制す(上) 偶然を支配した男のギャンブルと投資の戦略』 エドワード・O・ソープ(著)

「投資と投機は違う?」なんてことを言ってるのが馬鹿みたいに思えてきます。この本の著者であり天才的数学者のソープの波乱万丈の物語。まさに投機の代名詞ともいえるカジノの世界で、確率的な優位性を見つけて、カジノを投機ではなく投資にした?。とても面白い本でした。
Moneyコラム

株式投資における個人投資家の最大の優位性は、『待つ』という選択肢があることです。

株式投資と言うと、買うか、売るか、で考えてしまいがちですが、実は『待つ』というのが意外と大切です。しかし、『待つ』というのは、口で言うほど簡単なものではなかったりするものですが、この『待つ』という選択肢があることは、個人投資家の優位性になっているという事もまた事実です。
投資と資産形成の本

『ファクター投資入門 (ウィザードブックシリーズ) 』 アンドリュー・L・バーキン (著), ラリー・E・スウェドロー (著)

株式投資のパフォーマンスを上げたいなら、注目すべきだと考えらえるファクターについて説明している本。ファクターとはリターンを生み出す源泉のことを言い、株式投資のリターンとは何なのか、また、どこに投資をすべきなのかということが分かる本です。
Moneyコラム

ファイナンシャルリテラシー(お金の知識や判断力)を身につけることと、投資で儲ける勉強は、全くの別物?

お金の勉強と投資の勉強は別物かもしれない。投資で資産形成をしたいと思うなら、経済の知識といったファイナンシャルリテラシーだけでなく、投資の勉強をする必要があるのではないかと思っています。
スポンサーリンク