資産運用

スポンサーリンク
初心者向け投資のいろは

金融商品のリスクを考えよう!

リスクって危険?ってこと 『リスク』と聞くと、「危ないもの」というイメージが強いようです。 「この投資商品にはリスクがあります。」と言われると、「なんかやばいんじゃないか?」と思ったりもするものです。 しかし、資産運用で使われる金融商品の株...
Moneyコラム

「インデックスファンドならば大丈夫!」なんて思っていませんか?

「インデックスファンドなら大丈夫」というけれど、リスクを上手に理解できていないと、思わぬ損失を追う羽目にあるかもしれません。リスクを軽視することへの危険性をもっと知っておくべきなのではないでしょうか?
投資と資産形成の本

『ビッグミステイク レジェンド投資家の大失敗に学ぶ』 マイケル・バトニック(著)

失敗から学び、失敗を避けるという発想では、投資は上手く行きません。失敗はあるものだという認識のもと、失敗と上手く付き合うスキルを身につけることの大切さを教えてくれる本でした。
お金や家計に関する本

『億万長者だけが知っている教養としての数学世界一役に立つ数学的思考力の磨き方』 ヒュー・バーカー(著)

数学的にお金持ちになるための方法を考えると、投機的なアプローチが必要なのかもしれません。この本を読むとそのことが良くわかります。
コラム他

『リバモア流投機術 PanRolling Library』 ジェシー・ローリストン・ リバモア(著)

人生も投資のギャンブルのように生きた人というイメージが強いリバモアですが、その投資と株式市場の考え方には、いろいろと学べるところが多いと感じさせられた本でした。投機というと「してはいけないこと」とよく言われていますが、投機を敬遠する投資家も一読の価値はあると思いました。
投資と資産形成の本

『チャーリー・マンガーの実践グレアム式バリュー投資』 トレン・グリフィン (著)

バフェットの相棒、チャーリー・マンガーのマネーマインドが学べる本。株式投資と言うと銘柄探しや方法、テクニックなどが注目されがちですが、実際にはもっと大切なことがあります。それが株式投資で成功するためのマネーマインドです。
お金や家計に関する本

『1億円貯める方法をお金持ち1371人に聞きました』 トマス・J・スタンリー(著)

お金持ちになりたければ、お金持ちがどういう人たちなのかを知ることから始めると良い。お金持ちになった人たちの共通点には、「蓄財優等生」ということがあるようです。この本を読むことで、お金持ちの本当の姿が見えてくることでしょう。
投資と資産形成の本

『機関投資家だけが知っている「予想」のいらない株式投資法』 泉田 良輔(著)

ズバリ、株式投資には予想はいりません。著名投資家のウォーレン・バフェットやハワード・マークスも、投資の予想はいらないと言っています。でも、株式投資では、経済や企業の未来などを予想しなければ始まらないと思われているのも事実です。だからこそ、あえて知っておきたい、株式投資に予想がいならないとされる理由と考え方です。
Moneyコラム

NISA口座のデメリット?金利収入が増やせる「貸株サービス」が使えない‼

配当金にプラスして貸株金利も受け取れる魅力的な証券会社のサービス、貸株サービス。しかし、この貸株サービスは、NISA口座では使えないってことご存知でしょうか?。また場合によっては、NISA口座を利用するよりも、貸株サービスを使って貸株金利を貰った方がお得な場合もあるようです。
経済や科学、その他の本

『リスクの心理学 不確実な株式市場を勝ち抜く技術』 アリ・キエフ(著)

投資にとって最も大切なこと。それは高い投資スキルでも良い投資情報でもありません。最も大切なのは、投資と向き合う私たち人の心も問題です。投資の失敗のほとんどは、私たちの心が引き起こすものです。私たちの心と投資の関係を学ぶことは、とても大切なことだと考えています。
スポンサーリンク